利回りが高いシェアハウスの投資物件|よりよいマンション投資方法

積み木と紙幣

人気の不動産物件

積み木とお金

不動産投資物件として、近年注目が集まっているのが、シェアハウス物件です。マンションの中には家族一世帯用の広い部屋を扱っている物件もあります。しかし、最近では景気の悪化により、こうしたマンションを借りる人も少なくなっています。賃料の安さから一世帯が住むには狭い間取りの部屋を選ぶ人もいるので、広い部屋を扱うマンションは徐々に人気が下火となっているのです。また、最近は若者の独身率も高くなっているので、一人用のアパートの需要が高まっている反面、高額なマンションは選ばれにくくなっているのです。そこで利用ができるのが、シェアハウスです。広いマンションの室内を数人の人に住まわせるサービスであり、借り主側からすれば安い賃料で住む部屋を確保できます。また、物件を扱うオーナー側も、高い利回り得られるという利点が得られます。住む人全てに家賃を徴収できるので、合計した額は一世帯に貸すよりも高い額となるのです。

投資物件として魅力的なシェアハウスは、多くの人に借りてもらうために、多少のリフォームを行なう必要があります。シェアハウスの利用者は家族ではなく、友人や知人同士である場合があります。そのため、プライベートな空間をどうやって確保するかが問題となるのです。そこで、シェアハウスとして売り出す前に、パーテーションなどの設置工事を行なうとよいでしょう。設置工事だけであれば費用も安く、さらに入居者に対しても、引っ越してすぐに住めるという点をアピールできるため、多くの入居者を獲得できるでしょう。

部屋数が多い投資物件

マンション

アパートは部屋数が少ないため、一つでも空き室が発生すると利益が大きく減ってしまいます。部屋数の多いマンションであれば、空き室があったとしても割合的に影響は微々たるものになるので、マンション投資は経営がしやすい商品といえます。

もっと読む

負担の掛かる管理

積み木と紙幣

マンション経営を行なう場合、問題となるのが建物の管理や住民への対処です。個人で行なうとなると負担が非常に重くなるので、マンション管理を代行する会社に依頼しましょう。

もっと読む

投資向きのマンション

模型

投資用マンションとして多くの人が利用しているのが、ワンルームマンションです。初期費用が安くさらに売却もしやすいため、投資商品として扱いやすいのです。初めて投資を行なうのならば、ワンルームマンションにするとよいでしょう。

もっと読む