部屋数が多い投資物件|利回りが高いシェアハウスの投資物件|よりよいマンション投資方法

利回りが高いシェアハウスの投資物件|よりよいマンション投資方法

レディ

部屋数が多い投資物件

マンション

アパートとは異なり、部屋数の多いマンション投資は、安定した利益が得られる投資物件です。部屋数の少ない物件ですと、空室の発生による負担が大きなものとなります。どのような賃貸物件でも、全ての部屋を埋めることは難しいものです。部屋数が限られているアパートですと、空いている部屋が多ければその得られる収益が大きく減ってしまうため、購入した際に組んだローンなどの支払いが滞る恐れが有ります。しかし、マンション投資であれば、部屋数が多いため、アパートとの割合の観点から、一つ二つの部屋が空室になったとしてもそれほど大きな負担とはならないのです。アパートよりも毎月の収益が高いため、より高い利益を獲得したいと考えているなら、マンション経営を行なうとよいでしょう。

マンション経営を行なう場合、より需要の大きい物件を選ぶとよいでしょう。現在多くの人が住みたいと考えているマンションといえば、耐震性の高いマンションです。東日本の震災を始め、地震による被害は各地で起きています。高層階のあるマンションに住むとなると、地震による大きな被害を懸念して、借りることを避ける人も多いのです。実際に高層マンションでは、マンションの最上階を借りる人は少ないという話もあるため、地震などの災害への配慮はマンション経営において必要となります。購入したマンションに最新の耐震・免震施工を行なうことで、最上階の部屋でも借り手は安心して住んでくれるようになります。