投資向きのマンション|利回りが高いシェアハウスの投資物件|よりよいマンション投資方法

利回りが高いシェアハウスの投資物件|よりよいマンション投資方法

レディ

投資向きのマンション

模型

投資用マンションとは、購入者が住まずに部屋の全てを賃貸物件として貸し出すことができるマンションです。不動産投資が目的なので、時には投資用マンションを売却し、その価格差で利益を得ることも行なえます。不動産投資のメリットは賃料による継続的な利益ですが、最近ではこの安定した利益が得られることに着目し、将来の備えとしてマンション購入を希望する人が多くいるのです。投資用マンションは、そういった人に対して高く売却して利益を得ることができます。外壁塗装などの簡単なリフォームを行なえば、古い中古マンションでも価値を高めることができます。地価の変動や周辺物件の家賃相場の変動を調べ、リフォームやリノベーションをした物件を売りに出せば、非常に高い値段で売却することも可能となるでしょう。

現在投資用マンションとして扱われている物件といえば、ワンルームマンションです。不動産投資といえば、建物を一棟ごと購入することというイメージがありますが、マンションの一部屋だけを購入して人に貸し出すことも可能なのです。このワンルームマンションは、建物一棟を購入する場合に比べ、非常に安い価格で購入ができるという点が魅力です。投資用マンションを一棟購入する場合、購入価格も高額なものとなるため、リスクの高い投資となります。しかし、ワンルームマンションであればこうしたリスクも最小限で済むので、初めて不動産投資を行なうという人にオススメできる物件となります。